読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言のようなブログだよ

ちょっとした妄想と日常と少しの現実逃避とMr.Children

跳べ

Mr.Childrenの「跳べ」という歌には思い出がある。 ‪俺は内定もらってて、そこに就職すりゃいいやと思ってたら、お世話になってる人に「がっかりだぜ」と言われ、1月から就活やり直すかどうかの帰り道、ミスチルのプレイリストから次のシャッフル再生の歌が…

君がいた瞬間を忘れない、なんてこと、思ったり思わなかったり

そんな人いますか? 僕にはいます それはそれは素敵な 思い出でした。 今はラインをしても、そっけなくて、あの頃の愛はなんだったのか、人ってここまで、昔好きだった人に冷たくできるのか、なんてこと、思ったり思わなかったり、 でも、そーやって前に進ん…

美女と野獣とラ・ラ・ランド

書きたいことは多々ある 書く暇がないというわけでもないけれど、最近映画ばっかり見てる。 ラ・ラ・ランドと美女と野獣とスプリットを見に行きました。 ということで感想をまぁ書くと。 ラ・ラ・ランドはなんかうーんとね、すごくうーんでした。 あれはリア…

短篇9「残り物」

「へぇー私をモデルにね……」 相変わらずのジーンズ姿の吉岡瑞穂は唇をつぼめて、俺の顔を睨みつけた。 「君を撮りたいんだ」 「自分で言うのもなんだけど、すごいブサイクなわけでもないけど、すごい可愛いわけでもないよ私の顔」 「可愛いとか可愛くないと…

日曜日の22時

日曜日の22時は終わって、今はもう月曜日の1時半 「サザエさん症候群」 日曜日といえば、国民的アニメサザエさん、しかし、日本の国民病の1つにサザエさん症候群というものがある。 サザエさん症候群なんてモノは、残念ながら小学校の頃にほとんどの、日本…

短篇8「残り物」

クリスマス 俺の好きな映画はクリスマスのイギリスが舞台でオムニバス映画だった。よく父親が見てたもんだから、すっかり自分も好きになった。そんな映画を某レンタルショップで借りて2人で見た去年のクリスマス。 あのときぐらいだろう、彼女がはっきりと好…

Mr.Children25週年というわけですが、記事が消えたので全く異なる内容をお届けします。

まさかのまさかのブログの記事が消えるこのやるせなさ、本当にムカつく、俺のミスチル愛あふれる記事はどこえやら、今日は帰り道で小銭入り兼定期ケース、キーケースを落とすし、ろくなことがない、ムカつく こんなっぐちだけ書いても仕方ないが、一度書いた…

短篇7「残り物」

残り物には福がある そう言ってた、あいつの言葉通り、俺らのバンドは最後のステージに立っていた。 最初は少し気分が乗らなかった。女の子がボーカルで、周りが男で固められてて、うさんくさいバンドみたいな組み合わせはちっとも惹かれるところがなかった…

天皇賞春2017

キタサンブラックおめでとー 凄く好きな馬なんです 決して恵まれた血統ではない、ディープインパクトの兄ブラックタイド産駒 そんな馬が次々とディープインパクト産駒を、やぶっていく、そんな姿が大好き 騎手は武豊で華もあるし、オーナーは北島三郎という…

短編6「残り物」

彼女の部屋と自分の部屋、どちらで身体を重ねた方が、興奮するのか、なんてこと考えながら、俺は春歌のベッドの上に横たわっていた。隣では、目を開けてるときには考えられないぐらいおとなしい寝息をたてながら、ギュッと俺のシャツの裾を握りしめてる春歌…

やっぱり君が好き

ミスチルの歌で、「ひびき」という歌があって 見つからなかった探し物はポケットに入ってました。と幸せなんかおそらくそんな感じでしょ!?って君の声は教えてくれる という素晴らしい歌詞があるのですが、今1番聞きたい歌だったりします。 因みに、今俺が聞…

わぉ

最近、意味もなくつらつら短編とか思いついたものそのまま書いてる。 練られてすらいない、設定すら思いつき まぁ、何しようが俺の自由、誰かに迷惑かけてるわけでもなか あーぁ、マッサージ師の彼女ほしい「プライベートでもこんなんさせんといて!」って怒…

短篇5「残り物」

「それでは、簡単に自己紹介をお願いします。」 「はい、〇〇大学、経済学部、国際経済学科、桜井悠太郎です。好きなものはビートルズ、趣味はベース演奏で、大学の友人とバンドを組んでます」 「そうですか、では、あなたのバンドメンバーの立ち位置を教え…

短篇4「残り物」

眠れない そんな夜が続いてる 少しずつ、季節は夏に変わろうとしてる中 教育実習を終えた春歌が大学に帰ってきた。 そして、俺たちはあっさりと逃しててはいけないものを逃してしまった。 「あー家に帰れないよー」 「……すまん」 休日ダイアと平日ダイアを間…

短篇3「残り物」

残り物には福がある。 なんて、ことわざを信じていいのか、1番最後に引いたクジは見事に大トリを引いてしまった。 「やばいやばい!ウチらラストじゃん!トリじゃん」 高揚した声で話すのはうちのバンドのボーカル、中井りか、AV女優みたいな名前だが、見た…

短篇2「残り物」

家族写真はいつだって 和やかに 色あせずひとりで暮らす部屋の中 微笑んでいるのです妹を抱いた母親と真面目過ぎる父親とまるで昨日のことのよう まるで昨日のことのよう 「おはよー」 イヤホンに手をかけ、コツコツとなる足を止めて振り返る。あの歌が2番に…

心にため息がたまったなら

お酒を飲みましょう 最近、お酒をよく飲んでいる といっても、家ではビール1本と決めてる 後はウイスキー デブにならない為に必死だ デブだけど 素敵な人たちに囲まれてなんとかやってけるそんな日々です。

短篇「残り物」

「そういえば、悠太郎と出会ったのってもう3年も前になるんだっけな」 そー口を開いたのは、どことなく、有名バンドのボーカルから身長だけを小さくしたような友人、北村 亮太だった。 こいつは大学でできた数少ない友達であり、なんとなく嫌いになれないの…

蚊の泣くような頼りない声で

君の名前を呼んでみた孤独な夜を越えて 真直ぐに向き合ってよ 抱き合ってよ 早く 恋したい 愛したい 最近、よく友達の女の子と電話する 女の子の不意に漏れる声ってすごい可愛い エロい意味じゃなくて(笑) 桜井和寿の甘い声も好きだけど さわおのカラッとし…

ららら

ラブソング 部屋でゴロゴロしてたら、「ゴミ捨ててきてって言われて」いやだなーと思ってたら、無性にアイスクリーム食べたくなってきて、「コンビニ行くついでに捨てに行くわ」って言ったら、「ならーわたしもーついていく…」ってなって、2人で仲良くゴミ捨…

久しぶりに

やっぱさ、なんかさ、昔のブログ読み返してさ やっぱ、むかしのスタイルが一番文書が踊ってるんだよね、いい感じに厨二病で、なんかかしこまってなくて、いや別にかしこく書いたつもりはないけど やっぱ、心の声は叫ぶもんだい、吐き出すもんだい ということ…

自己紹介ということで

<p>今週のお題「自己紹介」</p> どーも、ぼくの自己紹介です。 ブログ歴は高校3年生からです。 ちまちま書いてました。 最近、更新が滞っていたので、はてなブログにして、今は毎日もーそー更新を目指しています。 なお、、、 もーそー自己紹介 ・ちっちゃいとき 親…

けものは居ても、のけものは居ない

本当の愛はここにある!! なんてこと、彼女もいなければ、社会に出てみたら、けものばかりで、のけものにされている、そんなぼくです。 4回目のデートは、動物園にして、「ほんと、ペンギン好きだよねー」って言われたら、「お前に似てるからなー」って言い…

満ち足りた顔して見えても 実際みんな退屈そうだから

明日、車に轢かれて、霊界探偵になりたいと思うぼくです。 家に帰れば、付き合ってしばらく経った彼女が何故かいて「どうして?」って聞いたら「なんとなく」って言いながら、ロールキャベツ作っててくれてて「夏なのにロールキャベツ」って言いたい。そして…

とりあえず

「ビールにする?お風呂にする?それとも」 みたいなテンプレ新婚生活を送りたい まぁ、無理なことはわかってる。 「あのさ!私さあんたのことが!」って告白される寸前で踏切を横切る電車のせいでその先の「好き」が聞こえないまま、「なんもない!」って言…

昔から

昔から、妄想ばかりしてました。 とりあえず、教室に入れば、そう、頭の中で空想を広げていたのです。 自分の家はまともな家とも言えず 夜はひとりぼっち、空想にうつつをぬかし、勝手に漫画の世界のキャラクターたちと共演していました。 デュエルマスター…