SHIINBLOG

今日だけは、僕のもの

映画とミスチル好き。夢は女子大生になること

すべてのサブカルクソ野郎に捧げる映画、ソラニンの魅力

結婚したい、そう思った女優の1人、それが宮崎あおいだ。

 

宮崎あおいって、超有名人ですけど、とにかくあの人の「彼女」「嫁」「元カノ」など愛する人としては最高のキャラクター性を持っている女優だと思っています。

僕が初めて宮崎あおいを知ったのは、朝ドラの「純情きらり」、共演者には今大人気俳優の西島さんがいた記憶があります。

ということで、俺の宮崎あおいのおすすめ作品、ソラニンそして宮崎あおいについて語る。

明日の日曜日はソラニンを見て、月曜日には、仕事早退して、次の日には仕事辞めてください。

 目次

 

ソラニンって?

天然毒素の一種で、ジャガイモの芽や緑色になった部分に多く含まれます。ソラニンやチャコニン(カコニンとも呼ばれています)を多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。

by農林水産省

じゃがいもの芽には毒があるって知ってました?子供の頃、知らず知らずに芽を取っていたことには意味が……全く関係ない話でした。

では、この映画のタイトルの由来は?

タイトルの「ソラニン」は、作者が当時交際していた彼女が「アジカンの新しいアルバム、ソラニンって言うんだって」という一言がきっかけ。ただし、実際に出たのは『ソルファ』である。「ソラニン」の音感が気に入ったのと、意味を調べたらじゃかいもの芽の毒のことであったことも気に入りタイトルにした。

byWikipedia

らしいです。元々は、浅野いにお原作漫画で2005年から2006年まで連載されていました。

自分は原作、映画も大好きです。今回は映画の話。

すべてのサブカルクソ野郎に捧げる映画、ソラニン

f:id:koukougege:20170701165812p:plain

公開日 2010

あらすじ

OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。

byシネマトゥデイ

もはや、この作品の宮崎あおいのことを書きたいために、このブログを開設したと言っても過言ではない、僕が宮崎あおいを好きになった理由の1つです。

浅野いにお原作の漫画ソラニンの実写映画化、芽衣子さんってこんな可愛かったけと思いつつ、本編視聴後には、宮崎、高良コンビ以外考えれないなという感想。とくに本編から漂う、キャスト2人の関係性だ。

大学時代から長く連れ添った、同棲カップルの雰囲気がよく出ている。付き合った当初の甘い時間は終わりを告げ、一緒にいれば、腹立つことも多く、そんなところも受け入れ、良いところを尊重しあうような理想のカップル像が浮かび上がる。ただ、それだけではなく、いつ爆発してもおかしくない不安定さも兼ね備えている。そんな歴史を感じられる。

この2人の関係はとにかくリアルなのだ。

本編序盤の日記を書いている芽衣子を邪魔して、キスをするあの瞬間。大好きすぎて、こんなこと言っちゃう僕。

もうね、あの服を脱がせるところ。あれこそ無償の愛だと思うんです。そして、脇がエロい(脇は見えてません妄想です)二の腕もエロい、もうとにかくエロス満載のシーンながら、2人の歴史すら感じられる。本作の最も好きなシーンかも……

予告編最強女優宮崎あおい

www.youtube.com

出会ったころの私たちは心細くて、不安もあったけど、いつもどこかでワクワクしてたんだ。

芽衣子の独白から入るこの予告。個人的に宮崎あおいは予告編最強女優だと思っています。

www.youtube.com

ツレがうつになりまして。

www.youtube.com

舟を編む

www.youtube.com

世界から猫が消えたなら

www.youtube.com

ただ、君を愛してる

どの予告を見てもいえることは、宮崎あおいの声の良さだ。彼女の声は、見るものの耳から、すんなりと頭に入り、心に染み渡る。予告という僅かな時間でも印象に残る。そういう声の持ち主なのだ。

僕が女優に一番必要な素質は声の良さだと思うし、最近の若手女優でも、高畑充希広瀬すず芳根京子など、声が特徴的な女優が売れるのも納得。この声の良さは他にも活きてくることになる。

ヘタウマな歌唱力、「私は歌う、キミがいたことを証明するために。」

決して歌が上手いというわけではない、それでも、なぜか心に染みる。そう、声が良いからだ。あの声の良さが、彼女の歌にも活きてくる。

本編未視聴のかたはぜひとも本編で見てください。

www.youtube.com

出だしは、宮崎あおい特有の透き通る声が響き渡る。そして、徐々に彼女の声は心の叫びに変わっていく

さよなら それもいいさ

どこかで元気でやれよ

さよなら 僕もどーにかやるさ

さよなら そうするよ

by ソラニン

ヘタウマな歌唱力は、種田の代わりということに対しての説得力が生まれる、そう、良かった点になってしまうのだ。

そして、芽衣子自身が種田ではなく、種田と共に過ごした過去の自分自身とお別れする。前に進むために。

ソラニンを支える他キャスト

ダブル主演の高良健吾、彼も声と雰囲気がとても良い、ものすごく自然体なのだ。

告白シーンの言葉の使い方は作者、浅野いにおが素晴らしいのだが、その言葉に対して、ぴったりな抑揚と間でセリフをいう高良健吾の演技力というより、言葉を自分のモノにするのが上手いと感じる。

そして、宮崎あおいとあんなに幸せそうにいちゃつくから、俺と代われと何度も思う

サンボマスター近藤洋一、特に近藤洋一に関しては演技が普通に上手い、なんで?歌手だろ?上手いじゃんってなる。

海の声が聞こえる人は、もっと評価されていい、最近はされ過ぎだから触れない。

伊藤歩は、ほんとに素晴らしい演技をする、もっとメインはれる気もするけど、あの立ち位置だからこそ、輝くという考え方もできます。最近、昼顔の映画にも出演してましたが相変わらずの演技力を披露、やっぱり、脇役だからこそですね。

他にも、財津和夫だったり、井浦新だったり、朝ドラにも出でたし、大ブレークするでしょう。瑛太の弟、永山絢斗などなど、今なら、このキャストは集まらないだろうなと感じます。

脇が豪華で、メインも実力派女優と素晴らしい映画の一言、好き嫌いは別れると思いますが、俺の人生に大きく響いた映画です。

koukougege.hatenablog.com

ちなみに、最近、yonigeというバンドがソラニンカバーしてました。この歌は女性ボーカルが歌う方が似合うような気がします。

最後に

映画というのは、見るタイミングによって、名作が凡作になったり、忘れられない1本にも変化します。この映画は青春真っ盛りのときでも、少し疲れた社会人でも、そのタイミング、タイミングによって評価が変わるでしょう。

ただ、映画から流れるだらっとした、ゆるい幸せは誰しもの憧れでもあり、こんな日々あったなぁと懐かしむこともあると思います。

少しでも一歩踏み出せること、それにつながるのが、この作品のもっともいいところになるかなと思います。